2万円(税込)以上/一決済のお買い上げでブラックカラーのお箸2膳を無料プレゼント

ARAS1週間コーディネート。 日常の食卓から特別なシーンまで寄り添うARASの器。

こだわりのある方の日常使い食器ブランドARAS。
料理をより美味しく召し上がって頂くために開発され特徴的なデザインは、特別な日のおもてなしの器として捉える方もいらっしゃいます。しかし、使い勝手の良い素材だからこそ、朝から晩までの幅広い食卓シーンで気兼ねなくお使いいただきたく、ARASの人気商品大皿ウェーブを使用した1週間コーデを企画いたしました。
今回は、皆様の日常をコンセプトに、@emi5perhonen様に忙しい日のランチなどの手の込んだお料理までご紹介頂きました。

Day1.忙しい朝のモーニングプレート
仕事やご家族の準備で忙しい平日の朝。
時間をかけて朝食を作り、綺麗に盛り付け、ゆっくりと召し上がる時間、全てをするには時間が無いですよね。いつもの朝食もワンプレートで片付けまで簡単に、少しの時間と心の余裕で朝食を召し上がっていただける食体験を提供します。


▲大皿ウェーブ・フォーク(ホワイト)

朝食ということで、1番明るい"ホワイト"を使用し、見た目から明るくしました。食パンの上に乗っているのは、"金柑のジャム"です。手作りジャムにすることで、お好みの甘さにすることができます。大量の金柑のヘタを取り、砂糖で煮込んで作ったジャムを今回は乗せてみました。

Day2.テレワークの簡単パスタ
テレワークが主流になりましたね。頑張ったお仕事もひと休憩。サッと簡単に自宅で作れるパスタと一緒にARASをご使用してみてはいかがでしょうか。


▲大皿ウェーブ・フォーク(ピンクグレー)

下の机と同系色のグレーの中でも、"ピンクグレー"を使用し、パスタを目立たせる盛り付けにしました。さらに、余白を作り、パスタを少なめに盛り付けることで、お皿の素敵な陰影とパスタのバランスを考えました。

Day3.家族の和食プレート
1日の終わりは家族と一緒にほっこりと温かい和食を。手の込んだ食べ物も素敵ですが、みんなで囲む食卓はさらに素敵な食体験です。1日あったことを話しながらARASをご使用いただければ幸いです。


▲大皿ウェーブ・箸(ブラック・グレー)

メニューは、「コーンの炊き込みおにぎり」「鯵のフライ」「きのこや野菜の副菜」になります。和の落ち着いた印象を"ブラック"と"グレー"で表現しました。旬のとうもろこしを使用した炊き込みご飯ですが、実は軸の部分も入れて炊いているんです。香りが大変良くて、出汁もでるため、風味が出ます。他にも玉ねぎなどの野菜のブロスを冷凍庫で取っておき、使用することで料理に風味をプラスすることもあります。実の元となる部分のため、味に深みを出したいときにはピッタリです。

Day4.休日のゆっくりブランチ
休日は少し遅めに起きて、何を食べようか考えるのもいいですね。平日よりもちょっぴり時間をかけ、少しこだわりをプラスすることで、おうちごはんがまるでカフェのような素敵なお料理になります。


▲大皿ウェーブ・ナイフ・フォーク(ピンクグレー)

"ピンクグレー"の器を使用し、ブールを使用したオープンサンドにしました。いつもと違うこだわりとして、「リラックスした休日」を表現するため、"紫"を添えました。オープンサンドに紫キャベツの芽を添えることでアクセントになるんです。さらにナッツとレーズンを使用した"紫キャベツのラペ"や、手作りの紫蘇シロップで作った"紫蘇ジュース"も一緒に盛り付けました。赤紫蘇は栄養価が高く、夏にぴったりですし、お湯に砂糖、塩を入れて簡単に作れるので是非作ってみてください。

Day5.おもてなしプチパーティー
 お休みの日は家族やご友人とプチお家パーティーはいかがでしょうか。大皿のウェーブを使用し、オードブルスタイルにすることで、皆様で一緒にお食事時間をお過ごしいただけます。


▲大皿ウェーブ・ナイフ・フォーク(ホワイト・ブラック・グレー・グリーングレー)

プチパーティーということで、「トリュフのピザ」「鯛とアサリのアクアパッツァ」「ムール貝の酒蒸し」「パセリとハーブソルトの付け合わせポテト」「白ワイン」を並べてみました。テーブルコーディネートには庭に咲いていたシーアンの紫陽花を並べました。昨日は、1年間無病息災となるよう、紫陽花守りもしました。

ARASをお使いいただいた感想
 最初は、高級感のある特別なイメージでした。しかし、実際使用してみると「素材の扱いやすさ」や「料理を重ねたときの良いニュアンス」を感じました。カトラリーも口当たりが良く、先端が細いため刺さりやすかったです。私は、このような食器を特別なものとしてとっておく必要はないと思っています。例えば、ラーメンや焼きそばでも、気に入っている器と使うと良い気持ちになります。そういう時にぴったりな器だと思いました。
なんでもないときの普段の料理で食卓を囲んでも満たされました。生活はまさにそれだと感じています。

 いかがだったでしょうか。少しでも皆様の日常にARASが寄り添えることができれば幸いです。今後も皆様に素敵な食体験を提供できるよう、一歩ずつ成長したいと考えております。ARAS InstagramアカウントでもARAS1週間コーデを取り上げております。こちらもぜひご覧くださいませ。